• ホーム
  • ルミガンジェネリックのケアプロストはまとめ買いの方がお安い

ルミガンジェネリックのケアプロストはまとめ買いの方がお安い

2019年12月28日
マスクシートを使用している女性

まつ毛育毛剤として優れた効果があるルミガンですが、処方薬のため美容系クリニックであったり、皮膚科や眼科などで診察を受けてから処方してもらう事になります。本来ルミガンは緑内障や高眼圧症の治療で使われている点眼薬で、そちらの治療の場合であれば保険は適用されます。しかしまつ毛貧毛症という治療の場合には美容目的であることが多く、保険は適用されずに自由診療です。

10割負担となる項目なのですが、自由診療の場合にはそれぞれのクリニックで診察料や薬代の価格設定は異なります。技術が必要な治療や難しい治療の診察の場合には医師を選ぶ事も必要ですし、クリニックの評判なども気になります。しかしまつ毛貧毛症の治療は、軽く診察を受けてすぐに処方してもらい自宅で使っていくという方法なので、できるだけコストを抑えられる所を探したいものです。

またクリニックで処方してもらう以外では、個人輸入という方法でも入手可能です。今は個人輸入で海外医薬品や日本では取扱いが無いサプリメント、また処方箋が必要な医薬品であっても購入することができるとあって、多くの方が利用しています。

個人輸入というと、難しかったり手続きなども複雑な印象を抱く方もいるかもしれませんが、実際は代行の業者を介して行うため、通販サイトで買い物をするのと同じ感覚で利用出来て簡単です。海外から取り寄せるため、少し期間を要する場合も有りますが、それ以外はごく一般的な通販と同じです。

そこでおすすめなのがルミガンのジェネリックを購入する事です。ジェネリックは後発薬で、日本のクリニックでも様々な医薬品で選択する事が出来ますが、最大のメリットは安いというところです。先行薬を開発する際に開発費などで多額な費用が掛かりますが、ジェネリックの場合にはそれがあまりかかっていないため薬価が安いです。

ルミガンを使うとなれば、成長期を16週間まで延長させるということで使いますし、その後も使い続けないと効果はストップしてしまう事を考えると、継続使用をする事になります。保険適用されず自費で診察を受けて購入となると、大体1万円ぐらいはかかります。個人輸入であれば診察料金をカットできますし、薬価も安いのでおすすめです。

さらにジェネリックのケアプロストを選択すれば薬価自体も安くなりますし、コストダウンにつながります。ここでオススメの購入方法はまとめ買いです。セットで購入すると割引が適用されるというのはありがちな事ですが、ケアプロストもまとめ買いをすると安く購入できるサイトが多いですので要チェックです。

点眼して使うのではなく、アプリケーターというブラシを使いますので、アプリケーターも揃えて使うようにしましょう。個人輸入のサイトでもアプリケーターが購入できるケースがほとんどですが、通販サイトでも取り扱われている事が多いです。

色素沈着の副作用がありますので、アプリケーターを使用していきましょう。まぶたなどに付いた時には色素沈着を防ぐためにすぐに拭き取るようにします。