• ホーム
  • シミや肝斑、日焼け跡のお肌のトラブルはハイドロキノン

シミや肝斑、日焼け跡のお肌のトラブルはハイドロキノン

2020年03月27日

アンチエイジングを考えた時に、年齢肌のサインで気になるという方が多いのがシミです。老化現象の一つですし、お顔や肩など目立つ所にある物は特に気になります。ファンデーションで隠しきれないような濃いものは、鏡を見るたびに悲しくなってしまうという方も多いのではないでしょうか。

美白化粧品を使っているのに、全然薄くならないと思っている方はもっと効果が高いアイテムを紹介しますので参考にしてください。まず市販されている美白化粧品に含まれる有効成分は、紫外線でメラノサイトが刺激される事でシミの原因になるメラニン色素の分泌を抑制させたり、ちょっと排出するぐらいの効果です。予防効果はあっても消したり薄くするのは難しいです。

ここでおすすめなのがハイドロキノンという肌の漂白剤です。肌の漂白剤というのは、抑制型、排出型、還元型と大きく分けた美白効果の中の還元型にあたります。これが1番強力な効果なのですが、どんどん薄くして目立たなくしたいのであればハイドロキノンを使えば効果は必ず実感できるでしょう。

シミの中でも特徴的な出来方をする肝斑は、両頬に地図ように広がってできるため分かりやすいのですが、炭酸レーザーなどでは悪化することもあるので要注意です。トラネキサム酸を服用したり、ハイドロキノンで対応可能です。

刺激が強い薬なので、最初に使う時には濃度が低い物から使っていく事をおすすめします。場合によっては赤みやかゆみなどのアレルギー症状が起こる事も有りますが、そうでなければ徐々に濃度を高くして使っていきましょう。即効性はそこまで有りませんが、数か月間使い続けるうちに漂白効果を実感出来ます。

使い方は、1日2回洗願した清潔なお肌に使用します。気になるシミの部分だけではなく、広範囲にという使い方が基本です。特定の部位だけ使ってしまうと、その部分だけ漂白されてしまい白斑が出来やすくなるためです。

ハイドロキノンを使用している時には、紫外線の影響も受けやすくなりますので、メラノサイトを刺激してメラニン色素が分泌され、それがターンオーバーの乱れで排出できずにシミとなって現れるメカニズムもあるので、紫外線対策もシミや肝斑の悪化を防ぐためには必要です。

具体的な紫外線対策は日焼け止めを使う事、そして美白化粧品も合わせて使っていきましょう。日焼け止めはSPF表示がありますが、数値が50に近ければそれだけ強い効果があります。しかし、お肌にも負担がかかるため、日常的なちょっとしたお出かけや洗濯ものを干すといった程度であればもっと数値が低い物でも大丈夫です。

今まで美白化粧品を使っていても、全くシミが薄くならずどんどん増えてきてしまったという方は、美白化粧品では予防しかできないということが納得できたと思います。根本的な対応では漂白作用のあるハイドロキノンを使う事、またトレチノインというターンオーバー促進効果のある医薬品を併用すると相乗効果も期待出来ます。